ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
TAXI SAUDADE(タクシー・サウダージ )/Bossa-Monk(ボッサ・モンク)
2014年7月に発表されたデビュー作『JA-BOSSA』が大きな話題を呼び、その年の年末には同じく2014年デビューを果たした勝浦の凄腕ギタリスト、濱口佑自と共にテレビ朝日の人気番組「題名のない音楽会」に出演。 当時現役タクシー運転手という特異なインパクトと、独特の陰影を付けた日本語によるボサ・ノヴァという誰も聴いた事の無い音楽で一躍注目を浴び、日に日に人気を獲得していったタクシーさん(大阪ではこう呼ぶ)の待望のセカンド・アルバムがこれ。 オリジナル曲と有名曲半々といった構成で、バックにアルト・サックス、ビブラフォン、フルート、ヴァイオリン、ブルース・ハープなどなど楽器の数も増え綿密な音作りになっていますが、ボサ・ノヴァの軽やかな空気感は全く失われておらず、彼にしか描き得ない絶妙な濃淡でアルバム全体を通してサウダージな空気感を描き出します。 (ほとんどアオラさんのHPから) 「自ら日本語の歌詞をつけたカヴァー曲もあるが、オリジナル曲とカヴァー曲の間に全く壁を感じさせない。それどころか、耳馴染みの名曲が彼の自作であるようにすら響く。これは彼が "詩を歌う" 姿勢を、力まず自然体でずっと貫いてきたからだろう。同時に感じるのは、言葉の響きや言葉のリズムに対する研ぎすまされた美意識だ。彼が敬愛するジョアン・ジルベルトがそうであるように。」〜中原仁氏によるライナーより抜粋
型番 JA BOSSA DISC/JBD-001
定価 2,800円(税込)
販売価格

2,800円(税込)

購入数
up down